XDC ポッドキャスト❶『ブロックチェーンサプライチェーン協会(BSCA)対談』ダイジェスト2.15

こんにちは、マスオです。

今回は2月15日に登場したXDCポッドキャスト、第1回目の放送を翻訳してダイジェストで紹介したいと思います。

毎回ポッドキャストを翻訳することはできないかもしれませんが、記念すべき初回は『ブロックチェーンとサプライチェーン』その密接な関係、一般的に分かるようで分からない収穫があったので、シェアしたいと思います。

<司会者の自己紹介>

私はフルタイムでXDCに焦点を当て始める前に、私は約5年半のために販売で働いた私は軍隊で8年を過ごしました。

私は2016年に暗号に入って以来、私がこの業界を確信しています。

XDCのストリームに入りましょう。この番組は同僚のデイブ・マーカスと共同でホストをしています。

<ゲストの紹介>

最初のゲスト、ブロックチェーン・サプライチェーン協会(BSCA)のCEOを紹介します。エリック・ヴァリケイトです。

BSCAはカナダのモントリオールを拠点にしている。BSCAのCEOとして、約30年間、物流に携わってきました。

2019年はブロックチェーンとサプライチェーンについて話すのがとても楽しくて、今、なぜサプライチェーンがグローバルなのか、など今日はその話をもう少しします。

<本編>

1つはっきりしていることは、サプライチェーンのネットワークは時代とともにますます高度化し、グローバル化しています。

今では基本的に、あらゆるものがサプライチェーンから生まれ、私たちが触れるあらゆるものが、サプライチェーンに深く深く組み込まれています。

例えば日本の工場が1つダウンしたすると、電子機器や自動車、そして今あるあらゆる近代的な家電製品のための半導体が突然存在しなくなります。

製造業もまた、ちょうどそのあたりから本格的に回復し始めました。そのため、モノの量や需要も急速に増えていきました。最近はサプライチェーンがより重要視されるようになっています。

現代は「標準化されたコンテナ」というのが画期的なものでした。

世界貿易の移動はすべてコンテナで行われます。これが現代のサプライチェーンの始まりです。このときから、私たちは物事をグローバル化するようになったのです。

一方で私は年寄りで、タイプライターでキャリアをスタートし、これらの文書のカーボンコピーを使用していました。航空貨物運送状と呼ばれる書類をタイプしていました。

そしてやがて、なんとコンピュータが登場したのです。何なんだ、このクレイジーなものは、と思いました。

私は30年前にファックスを使っていましたが、当時はタイプライターで書いた書類を海外にファックスしたり、海外の代理店やパートナーにファックスしたりするわけです。

今でもまだファックスを使っている人がいますので、すごいことです。

現在電子船荷証券を使っているのは1%未満です。他はすべて紙の船荷証券を使っていてDHL(運送業者)の封筒に入れて海外に送り、顧客が商品を受け取れるようにしているのです。

私はもう何年も紙の請求書を払ったことがない。正直言って小切手帳も持っていないんだ。私は毎日一定の郵便物を受け取ってイライラしている。郵便物をチェックしに行くのも嫌になっています。

サプライチェーンと貿易金融の間に相乗効果があるのは明らかで、船荷証券のような紙を使うものがあるのは知っていました。それはまだ続いている慣習で、かなりひどいものだということも知っていました。

でも、99%がまだ紙を使っているということです。それは、紙がまだ普遍的に受け入れられているからなのか、規制が必要ないからなのか。

新しいことを導入するコストがかかるからなのか、それとも私たちは習慣の生き物で変化を好まないからなのか、その理由は何なのか。

今話している船荷証券は法的文書なのです。法的文書であり、規制があり、銀行があり、また新しい技術を採用するのが遅い人たちがいるわけですが、規制の観点から法的文書であるため、法的文書である電子化して受け入れている国は多くありません。

ご存知の通り、まだ法律が変わってないんです。

詐欺を恐れているから前進しない、とは思いません。紙の文書でも電子文書と同じくらい悪いことができますので。

今後、電子信用状や電子船荷証券が発行されるでしょう。しかし、私たちは習慣の生き物であり、変化への対処が必要です。

サプライチェーンにおけるその他の弱点は、データサイロ(縦割りの分断)のようなものであると、以前にもお話しました。

つまり、誰もが異なる言語を話している、つまり、誰もが異なるデータをインプットし、アウトプットしているということです。

現代のサプライチェーンでは、何十、何百もの異なる参加者がいるため、請求書や船荷証券を受け取って、すでに存在する情報を再入力しているのです。

これらのデータサイロには、すべてのコンピュータ間で調整する負担があります。私たちは皆、その情報を再作成しなければなりません。それは大きな時間の浪費です。エネルギーの無駄遣いです。

誰かが海を渡って紙の書類を手に入れるのを待たねばならない、そうするとスピードが落ちます。そのため、ミスを犯しやすく、リスクを犯しやすく、様々なことが起こりやすいのです。

もし私がオーガニックやフェアトレード、アマゾンの森林破壊のないものを買うとしたら、今日はどうなるのでしょうか?

私は小売業者や商品の販売者の言葉を信じなければなりません。

トレーサビリティが必要になるのだと思います。ブロックチェーンはそのための完璧なユースケースなのです。トレーサビリティは、ある意味、抑止力になります。

悪質な業者や間違ったデータをシステムに入れることを、ある意味大きく抑止することができるのです。

イタリアントマトの缶詰が目に飛び込んできます。おいしそうだ。イタリア製でしょう?大きなトマトソース。彼らがしたことは、そのトマトの出所を調査したことがありました。

でも実際のトマト製品はその地域で生産されたもので、中国で奴隷労働を経て、パキスタンだったかに送られてさらに加工され、イタリアでさらに加工されて、税関の法律ではすべて合法だった。それがイタリア製品になり、「Made in Italy」と書かれるようになったのです。

私たちはより倫理的な消費者になれるし、自分たちの体に入れたいものを入れることができる。

サプライチェーンが進化すればするほど、私たちがつながればつながるほど、世界がつながればつながるほど、サプライチェーンへの要求や負担が大きくなります。

消費者の要求が進化し、マニュアル製造やサプライチェーンが対応できるスピードよりはるかに速くなっているのだと思います。

粉ミルクや薬のような重要なものは 粉ミルクや薬のような重要なものは、需要に追いつく必要があるのです。現代のサプライチェーンは、そのニーズに対応できるようにすることが仕事です。

ですが、明らかに私たちがこれらのことを言わなければならないような標準が今はありません。

様々な標準がサプライチェーンに影響を及ぼしています。私はISO TC307(ブロックチェーン標準化)のカナダ代表として、ブロックチェーン標準に取り組んでいます。

私が学んだのは、標準化プロセスは動きが遅く、非常に官僚的だということです。しかしそれには理由があります。

銀行には標準があります。銀行には銀行の標準があり、製造業には製造業の標準があります。

残念ながら、サプライチェーンの規格は存在しません。今日、情報交換の方法は一つではありません。

しかし、デジタル化が進むにつれて、さまざまな人がさまざまな標準を公式または非公式に発表しています。

ISOやIEEE(標準規格)がサポートするしないに関わらず、さまざまな標準が存在します。世界各地の団体もさまざまなことを検討していますし、他の業界団体もさまざまな規格を検討しています。

コンテナ輸送の標準化を検討しているのですが、すべての船会社、すべての港がそうだとは限りません。

すべての大手荷主が同じ規格を使用しているわけではありません。銀行もある程度デジタル化していますが、すべてがデジタル化されているわけではありません。

アメリカやヨーロッパの大手銀行はSwiftなどを使っていますが、インドのような小さな銀行はまだ紙ベースです。

ですから、デジタル化が進めば進むほど、標準化が前面に出てきて、それが重要になります。

EDI(電子データ交換)への参入を阻む障壁は何かというと、EDIには1つの公認標準がなかったことです。

でもAPIにはAPIの標準、つまりAPIをどう呼ぶかという標準がないんです。

ブロックチェーンの標準化にも取り組まなければならないでしょうし、テクノロジーが進化して前進するたびに、この問題に直面することになると思います。

今はデータや価値とリアルタイムにつながる時代になっています。

このような時代になると、標準化や標準規格が必要になります。だから、まだまだ先は長そうです。

ブロックチェーンのサプライチェーンの世界を見ていると、アフリカで何が起こっているのかがとても楽しみです。

彼らは今、ブロックチェーンに飛びついています。ブロックチェーンに夢中になって、すごいことをやっているんです。

BSCA(ブロックチェーンサプライチェーン協会)を設立しましたが、私が何をしているのか。

協会では3つのことを行っています。

1つ目は、アドボカシー活動(改善普及活動)です。政策立案者と対話し、私たちが行う標準化活動もその一部です。政策提言活動です。

2つ目は、私の好きな言葉で「コラボレーション」です。

今、カナダ軍のプロジェクトを行っています。軍のロジスティクスについて話を始めたのですが、サプライチェーンについて何かやっています。

3つ目は教育です。ニュースレターやウェビナー、ワークショップ、昨年は規格に関するワークショップを開催しました。

アドボカシー、コラボレーション、教育、これらすべては、サプライチェーン業界がブロックチェーン技術を採用し、デジタル化に向けて前進し、より良くなるように支援することなのです。

このように、本当に本当に実現するために、重要な土台作りをたくさんしています。ブロックチェーン技術を理解し、導入する手助けをすることが使命なのです。

では、ブロックチェーンはどのように機能するのか、今日と比較してブロックチェーンを使用する場合、どのようにプロセスを進めるのか。

ブロックチェーンの世界では この台帳を皆で共有するのです。分散型台帳とテクノロジー共有型台帳です。あまり複雑にはしないでこの台帳をみんなで共有します。

だから、メーカー、トラック運送会社、税関、倉庫、荷受人、各自のコンピュータの間で全ての情報を 再構築する必要は無いのです。

例えば5回分の情報を再作成する必要はなく、すでに台帳の中でコンピュータ同士が会話しているのです。

では、この5つの関係者に企業秘密をすべて開示しなければならないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。

誰がどんな情報を必要としていても、台帳の中にある情報に反応する許可を与えることができます。

紛争もなく、支払いは即座に、あるいは契約の条件に従って行われます。

取引のトレーサビリティは、情報を待つことなく、調整もなく、負担もなく、スマート・コントラクトの自動化によって、すべてがずっとシンプルに流れるのです。

現在ウォルマートの店舗では、その50万件の出荷の70%がキャッシュフローが遅くなることでトラック運送会社との間で紛争になっています。

トラック運送会社70社との間の争いを、50万件の出荷の紛争はついに1%未満にすることができたのです。

このように数年前から稼働している驚くべきユースケースで、その効果は実証済みです。もしや、とか、でも、とかいうことはありません。

それは、より良い可視性、すべての関係者間のより良いコミュニケーション、自動化されたプロセスです。

つまり、リアルタイムでアクセス可能なデータや情報に簡単にアクセスでき、ミュートされ、信頼されるのです。

サプライチェーンは今、ホットな話題になっていると感じたので、これは間違いないと思います。ブロックチェーン・テクノロジーと相性がいいんです。

そしてもちろん、XDCやブロックチェーン・サプライチェーン協会と一緒に、私たちは素晴らしい第1回目のエピソードを作ろうと思っています。

(以上)

<暗号通貨の税金計算:YouTubeで解説中>

✅損益計算ツールクリプタクト(無料リンク)

仮想通貨の損益計算・確定申告ツールならクリプタクト

クリプタクト(Cryptact)は確定申告に必要な、仮想通貨の損益を自動で計算します。対応取引所数・対応コイン種類も国内最多。初心者でも安心、無料でかんたんに使えます…

<暗号通貨の安全管理:YouTubeで解説中>

正規品:ハードウェアウォレット『D'CENT wallet』 ※10%程度の割引リンクをお預かりしています。ご活用ください!

❶1つの購入

❷2つの購入(送料がまとめられます)

★第1弾動画『ハードウェアウォレットの購入方法、安全な初期設定について』

★第2弾動画『ハードウェアウォレットの有事の操作について』

★第3弾動画『新トークン・NFT・ウォレット内通貨の交換などについて』

初心者にやさしい仮想通貨取引所のご紹介

手数料が最も良心的な国内取引所。ビットバンクの口座開設

Follow me!

XDC ポッドキャスト❶『ブロックチェーンサプライチェーン協会(BSCA)対談』ダイジェスト2.15” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です