Weekly XDCダイジェスト vol.㉖ 2022.8.28-9.3

こんにちは。今回は定期コーナー。先週のXDCネットワークの動向についてXDC Foundationがまとめた下のツイートをもとに、わたしなりに日本語で解説を加えながら定期発信する回になります。

仮想通貨XDCについてまだ知らない方の入口にしていただいたり、すでにお持ちの方は最新動向を追うための1つの情報源にしていただけたらと思います。では先日発表された8月28日から9月3日までの動きを紹介していきます。ではさっそく参りましょう!

《THIS WEEK IN XDC (2022.8.28-9.3)》

今回は3つのトピックがありました。太字が直訳部分、その後にわたしが僭越ながら解説を付け加えていきます。

▶▶▶Topic.❶『キネシス、XDCネットワークと統合』について
……金銀通貨システム「キネシス」、XDCネットワークとの統合フェーズ1を発表しました。

こちらのKinesis Moneyは、主に実物資産を専門に扱い、金銀の価値に連動したトークン「KAU、KAG」を発行する資産管理・取引所のサービスです。拠点がロンドン、ブリスベン(オーストラリア)、イスタンブール(トルコ)にあります。

このKinesisは今年の2月にXDC Networkとパートナーシップを締結していました。

そして、8月31日にこのKinesisの取引所にXDCが上場しました。

これによって、金銀連動トークンとXDCが交換できるようになりました。そしてKinesisが扱っているすべての法定通貨とのペアでも取引できるようになりました。

https://kinesis.money/company-news/xdc-now-available-trade-kinesis-exchange/?referrer=KM13490378

さらに、今回はKinesisが発行しているKinesis Virtual Card(デビットカード)を使って、世界中の4,700万か所以上でリアルタイムに決済できる通貨としてXDCも対応しました。

今回はパートナーシップ締結の第1フェーズとして、このような発表がありました。今後フェーズ2では

このようなことが予告されています。KinesisはもともとStellaのブロックチェーンを採用していますので、今後はクロスチェーンブリッジ機能が拡張されて、異なるチェーン間で相互運用ができるようになるとのこと。

ちなみに、XDCのクロスチェーンと言えば・・・Wanchainが今後Stellaにも対応する日が近そうです。

以上、XDCは実物や法定通貨との交換が可能になり、決済用通貨にも使える。金・銀・仮想通貨・法定通貨の実用性を高めて、様々な資産の架け橋となるKinesisで採用された話題でした。

(Kinesis Moneyの公式サイトはこちら)

▶▶▶Topic.❷『XDCネットワーク改善提案プロセスが採択されました。
XDCネットワークの開発者は、新しいXIPプロセスを採用することに同意し、ネットワークの新しい提案について開発者が協力する効率的な方法をもたらします。

https://twitter.com/XDCFoundation/status/1566906549691367424?s=20&t=qRDfcipOSD9kQWm2PP7TCw

XIPs.github.io/xip-1.md at main · XDC-Community/XIPs.github.io · GitHub

The XDC Network Improvement Proposal repository. Contribute to XDC-Community/XIPs.github.io development by creating an account on GitHub.

こちらのトピックは先週も取り上げたXIP (XDC開発に関する改善提案)に関する話題です。今回は実際に提案をする際の決まり事、プロセスの標準化が整ったとのことでした。

このXIPという仕組みは、もともとはイーサリアムのようなブロックチェーンコミュニティに習ったもので、提案は下のフローチャートにならってシステマチックに区分されていきます。

提案は私たちのような一般の人にも可能になっており、XDCの開発者コミュニティのTwitterアカウントが先月登場していました。

また、TwitterだけでなくDiscordコミュニティも立ち上がっています。

このような環境整備が整ったことで、XDCネットワークの開発者コミュニティが大きくなることは、今後のXDCの発展に大きな利益をもたらします。

現状、XDCネットワークの開発者の数はまだまだ多いとは言えませんが、開発者同士が横に繋がってコミニケーションを取れる場所があることで開発に活気が生まれるのは、わたしにも容易に想像ができます。

開発者は主にこの

XDC Community Discord & XIP - Developers Forum for XinFin XDC Network

Hello XDC Community I wanted to let everyone know about the XDC Community Discord server and post an...

のサイトで意見交換をして、XIP(XDCの改善提案)について議論を交わしながら、コミュニティ主体で運営可能な開発集団になることを目指します。

ということで、今回2つ目のトピックではそんな開発者向けの環境整備が整った、という内容を取り上げさせてもらいました。

▶▶▶Topic.❸『UNITED PERXが始動しました』
XDC Foundationと共同で、DCユナイテッドはUNITED PERXプログラムを開始しました。座席のアップグレードや懸賞など、ファンにとって新しい体験ができるプログラムです。

最後のトピックは、XDCネットワークが協賛するアメリカのプロサッカーチーム”DC United”で、新たなファンサービスが始まった、という内容です。

https://twitter.com/XDCFoundation/status/1565772101826625538?s=20&t=qRDfcipOSD9kQWm2PP7TCw

この”UNITED PERX”というは、現在の DC Unitedのシーズンチケットメンバーだけでなく来場予定の一般のファンに向けて、試合前の特典、現場での座席のアップグレード、簡単に入場できる懸賞などの特典を提供するプログラムです。

例えば、シーズンチケットメンバーに先着順で 300本のビールが提供されたり、座席のアップグレードができたり、とか、もっと凄いものだと、独占交流会、舞台裏へのアクセス、試合で着用したユニフォームを持ち帰る機会などがあるそうです。

まだ、XDC決済すると、とか、NFT発行、みたいな話にはなっていませんが、そういう類の販促は登場していませんが、地道にファンとの距離を縮めようとしているところが良いと思いました。今後のスポーツチーム運営にも乞うご期待です。

以上、今回は3つのトピックを紹介しました。1つ目は、金銀連動型トークンを扱う『Kinesis』とのパートナーシップの形が見えてきた件。2つ目は『XIP』というXDCネットワークの改善提案環境が整った件。3つ目は、プロサッカーチーム『DC United』のファンサービスプロジェクトが拡充された件をお届けしました。次週もお楽しみに。

XDC購入までの最短ルート

手数料が最も良心的な国内取引所。ビットバンクの口座開設

仮想通貨取引ならビットバンク(bitbank) | 取引量国内No.1

ビットバンク(bitbank)は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の仮想通貨を売買できる仮想通貨取引所です。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビット…

海外取引所でも使いやすい。ビットゥルーの口座開設

‎Bitrue - Buy BTC XRP & Crypto on the App Store

‎Join millions of users around the world at Bitrue - the leading crypto exchange for hundreds of mainstream currencies and altcoins! You can trade & store…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。