確定申告スタート直前! 申告漏れチェックリスト12

こんにちは。本日はバレンタインデーですね。ということは・・・確定申告が明日からはじまります。(シクシク)😿

<スケジュール>
2022年2月16日(水)〜2022年3月15日(火)
4月15日(金)までの個別延長あり

今回は、ついつい忘れてしまいそうな確定申告が必要なケースを洗い出してみました。やらないと損をするケース、やらないと申告漏れになるケース、様々ですが12項目まとめましたので、チェックリストとしてお使いください!

<確定申告対象者・最終チェックリスト>

✅医療が年間10万円を超えた人
→生計が同じ家族は合算で控除を申請できる

『スイッチOTC薬』が12,000円を超えた人
→特定の薬に限り、新しい税制で所得控除できるようになったとのこと。
※今後の医薬品を選ぶ材料に調べてみてください!

✅住宅ローン控除を年末調整に申告していない人
今年初めて住宅ローンを組んだ人は忘れがち。確定申告をしないと控除されません。

✅その他、年末調整で控除を忘れた人
住宅ローン以外にも、生命保険、地震保険、社会保険等の控除証明書。

✅株やFXでトータルで損を出した人
→確定申告で『計算明細書』をつければ来年度に損失繰越控除が適用できる。
→これをやらないと損益通算が適用できない!

※ただし、翌年以降3年間まで
https://twitter.com/kuriboze9/status/1491777337276256256?s=20&t=3gpUE6qhjg1fa1AjzuBImw

✅寄付をした人
→ふるさと納税をして“ワンストップ特例申請”をしていない人が対象。還付申告をするために『寄附金控除に関する証明書』の提出が必要。(数字だけの申告になっています)
※自治体から送られてくる“寄附金受領証明書”の提出は不要になりました!(変更点)

災害や盗難に遭った人
→「雑損控除」というのが適用できる!

✅給与所得以外に雑所得を得た人
→20万円を超える場合
→仮想通貨だけでなく、副業関連はすべて合算。

<雑所得になるもの>

メルカリ、フリマアプリなどの転売、手作り品販売、ライター、競馬、UBERイーツ、民泊、アフィリエイト等広告収入、その他アルバイトなども該当します!

✅事業主等で『一時支援金・月次支援金』を受け取った人
雑所得として合算するため注意が必要!
(緊急事態の影響緩和のためなのに、なんて鬼な制度!👹)

✅事業主等で、以下の給付金を受け取った人
・持続化給付金
・家賃支援給付金
・小学校休業等対応助成金
・雇用調整助成金
・休業要請協力金

事業所得、あるいは一時所得として課税されるので確定申告で忘れないように

“GOTOイート”“GOTOトラベル”“ふるさと納税返礼品”の合算が50万円を超えた人
→一時所得として申告が必要になる!

✅年末調整した後に家族構成が変わった人
(2021年12月以降)

以上です。さて仮想通貨投資をした方も、まだあと1か月の中で確定申告に駆け込む方もいらっしゃるかもしれません。以前のブログにすべての動画をまとめていますので、ぜひお役立てください。

『仮想通貨の税金』<br>年末の総仕上げ

12月22日から27日まで、6日間に渡り『風の時代』の身のこなし方を考える材料を紹介してきました。今までの情報発信とはちがい、すこしスピリチュアル寄りな内容だ…

そして、仮想通貨の確定申告を場合によっては秒殺できるキラーアイテム『クリプタクト(損益計算ツール)』。私はこれに大いに助けられました!参考までに。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。