【隔週発刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 5.27-6.8

こんにちは、マスオです。

隔週で「ISO20022関連の仮想通貨銘柄」の動向をお届けしたいと思います。ISO20022に準拠した仮想通貨と言っても、そういったものは実は存在しません。しかし、この送金メッセージ規格に準拠させていく可能性のある仮想通貨銘柄はあります。その銘柄を9種類ピックアップして情報をシェアいたします!

(👇 2023年12月作成の第2弾動画です!)

(👇 ISO20022とは何かについての入口動画です!)

XRP(Ripple)

▶ リップルのブラッド・ガーリングハウスCEO、XRP ETFは2025年と予測(2024.6.5) ※XRPのみならず、SOL、ADAも現物クリプトETFの対象となる可能性があるとのこと

リップルのブラッド・ガーリングハウスCEO、XRP ETFは2025年と予測| NEXTMONEY|仮想通貨メディア

リップル(Ripple)のブラッド・ガーリングハウスCEOは、仮想通貨市場における最近の動向と規制の進展により、XRP ETFの承認は避けられず、20205年には開始すると予測して…

XLM(Stellar Lumens)

▶ USDC をフランクリンテンプルトンの発行する $BENJI に変換することが可能に、にStellarが反応(2024.6.6) ※BENJIとは同社が発行するオンチェーン米国政府資金基金(FOBXX)のトークン化資産、USDCも共にStellar上で、との見方も

XDC(XDC Network)

SBI R3 Japanら 暗号資産XDCを用いた貿易決済の実証実験を完了、サービス構築へ(2024.6.1) ※プライベートチェーンCorda と XDC Network間の仮想通貨 $XDC ブリッジが可能との報告

SBI R3 Japanら 暗号資産XDCを用いた貿易決済の実証実験を完了、サービス構築へ

SBIホールディングス系企業が暗号資産(仮想通貨)XDCを用いたFIAT決済の実証実験を完了。Cordaと共同で、決済時間やコストを効率化し、即時送金が可能であることを確認。

▶ XDC Network 貿易金融を変革するレイヤー1ブロックチェーンの性能と特徴(2024.6.8) ※CoinPostのチェーンについて説明した特集記事

XDC Network 貿易金融を変革するレイヤー1ブロックチェーンの性能と特徴

XDC Networkは、高速かつ低コストのLayer 1ブロックチェーン。貿易金融の効率化と資産のトークン化をサポート。日本では暗号資産(仮想通貨)XDCはSBI VCトレードに上場。…

ALGO(Algorand)

▶ 旅行予約サイトTravala.com でアルゴランド上のUSDCが正式に開始(2024.6.4)

▶ Algorand上で構築されるデジタルゴールド「Meld Gold」がロードマップを発表(2024.6.4) ※上場計画など

HBAR(Hedera Hashgraph)

▶ Moflix と Hashgraph Association が Fliggs モバイルのリリースで Web3 の採用を推進(2024.5.28)  ※モバイル仮想ネットワーク オペレーター (MVNO) で分散型 ID (DID) を提供へ

NXRA(AllianceBlock)

▶ Nexera は、スタートアップの機会とイノベーションを育むために、Plug and Play とのコラボレーションを継続(2024.5.25) 

Nexera、ChainlinkのCCIPと統合により相互運用性プロトコルをアップデート(2024.5.29) ※以下の「使用例」を参照

CSPR(Casper Network)

▶ Casper Labs は IBM と協力して、AI データを管理および監視するための強力な新しいガバナンス ツール「Prove AI」を構築(2024.5.27) 

QNT(Quant Network)

「現在の課題を克服し、グローバルな金融エコシステムにおけるデジタル資産のシームレスな統合を推進するには、業界全体の協力と統一された標準が必要です。」(2024.5.30) ※Legerinsightの下記引用を強調(標準を握る立場から)

▶ Overledgerのチュートリアルビデオ「OverledgerShowcase」がYouTube上で公開(2024.6.5) ※Overledgerの普及促進の動き

IOTA

IOTA財団が現実世界の資産統合のためのEVMメインネットを立ち上げ(2024.6.5) ※3年以上の準備を経て、RWA中心の DeFi エコシステムの領域に参入へ

IOTA財団はRWAトークン化を通じて数十億の資産をオンチェーン化する計画だとドミニク・シーナー氏が語る(2024.6.9) ※IOTA の創設者シーナー氏のインタビュー記事

▶ LayerZero が IOTA EVM と統合(2024.6.6) ※LayerZero は、IOTA EVM をクロスチェーン プロトコルに統合し、Ethereum、Binance Smart Chain、などと相互運用するプロトコル

その他ISO20022関連

カストディ銀行にとっての ISO 20022 の重要性(2024.5.30) ※カストディ銀行はISO20022に準拠することで、幅広い金融商品を正確に処理して報告することができ、規制要件への準拠を保証し、顧客のニーズを満たすことができるという記事。RWAトークン化の文脈でも重要。

三菱UFJ銀行が2024年7月15日から日本国内口座の引き落としによる海外送金で ISO20022 を適用(2024.6.4) ※しかしこちらの記事はその後消えています

以上です。

いかがだったでしょうか。の動向にも注視していこうと思います。よろしければお付き合いください!(前回のバックナンバーはこちらです✨)

【隔週発刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 5.12-5.26

こんにちは、マスオです。 隔週で「ISO20022関連の仮想通貨銘柄」の動向をお届けしたいと思います。ISO20022に準拠した仮想通貨と言っても、そういったものは実は存在しま…

損益計算ソフト『クリプタクト』(無料リンク)

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HOV5R+EDZ52Q+4DGW+5YZ77

XDC国内初上場取引所「SBIVCトレード」

※口座開設に招待コード【x13se】使うと1000円が振り込まれます。よければお使いください

<暗号通貨の安全管理:YouTubeで解説中>

正規品:ハードウェアウォレット『D'CENT wallet』 ※10%程度の割引リンクをお預かりしています。ご活用ください!

❶1つの購入

❷2つの購入(送料がまとめられます)

★第1弾動画『ハードウェアウォレットの購入方法、安全な初期設定について』

★第2弾動画『ハードウェアウォレットの有事の操作について』

★第3弾動画『新トークン・NFT・ウォレット内通貨の交換などについて』

★第4弾動画『初心者でもできる!ISO20022関連銘柄の入出金方法・完全マニュアル』

初心者にやさしい仮想通貨取引所のご紹介

手数料が最も良心的な国内取引所。ビットバンクの口座開設

仮想通貨取引ならビットバンク(bitbank) | 取引量国内No.1

ビットバンク(bitbank)は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の仮想通貨を売買できる仮想通貨取引所です。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビット…

Follow me!

【隔週発刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 5.27-6.8” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です