【隔週発刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 4.28-5.11

こんにちは、マスオです。

隔週で「ISO20022関連の仮想通貨銘柄」の動向をお届けしたいと思います。ISO20022に準拠した仮想通貨と言っても、そういったものは実は存在しません。しかし、この送金メッセージ規格に準拠させていく可能性のある仮想通貨銘柄はあります。その銘柄を9種類ピックアップして情報をシェアいたします!

(👇 2023年12月作成の第2弾動画です!)

(👇 ISO20022とは何かについての入口動画です!)

取り上げる記事につい

XRP(Ripple)

▶ SBI VCトレード、「XRP Ledger」のバリデータに(2024.5.10) ※XRP Ledgerの拡張(プライベート)ネットワークにおけるバリデータ参加によってSBIは報酬を得る。

SBI VCトレード、「XRPレジャー」のバリデータに | あたらしい経済

SBI VCトレードがXRPレジャーのバリデータに 国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードが、分散型のレイヤー1ブロックチェーン(分散型台帳管理システム)「XRP Ledg…

▶ リップル社とXRPL Labsが、暗号資産や個人情報に関する取り組みを行う団体「DeRec Alliance」の創設メンバーに参加(2024.5.10) ※Hedera、Algorand、CasperなどのISO20022関連銘柄と接点

XLM(Stellar Lumens)

▶ Stellar 対応ウォレットを利用する小売金融アプリである WisdomTree Prime が米国 41 州で利用可能に(2024.5.9) ※デジタルファンドとゴールドなど13のトークン化をサポート中とのプレスリリース

XDC(XDC Network)

▶ POLYX、XDC、OM、ONDO、OPUL: RWA 金融プラットフォームの形成に伴いウォッチリストのトップ 5 仮想通貨に(2024.5.7) ※唯一レイヤー1チェーンとしてピックアップ

▶ Tenity と XDC Network が初期段階のブロックチェーンスタートアップ向けアクセラレータを発表(2024.5.9) ※XDCが今年に入り3つ目のアクセラレータを導入

ALGO(Algorand)

(今回はピックアップ記事なし)

HBAR(Hedera Hashgraph)

▶ 新韓銀行がステーブルコインによる国際送金の試験段階を完了し、 Hedera のStablecoin Studioを活用した韓国ウォン(KRW) 立ち上げに移行(2024.5.4) ※今後ブロックチェーン上のシームレスな取引を、タイバーツ (THB)、新台湾ドル (NTD) などアジア市場に進展するとのこと

▶ ミラノの名門・Salone Del Mobile の25,000 人以上が「Baxter ID」RWA認証およびエンゲージメント ソリューションに参加(2024.5.1) ※Baxter IDとは、本物であることを確認するためのオールインワン ポータルアプリであり、伝統的なイタリアの職人技を Hederaと結び付ける

NXRA(AllianceBlock)

(今回はピックアップ記事なし)

CSPR(Casper Network)

▶ Casper Labs がIBM THINK(IBMの年次イベント)の基調講演に参加(2024.5.10) ※どのように IBM の watsonx プラットフォームと連携するかを説明

QNT(Quant Network)

▶ 分散型元帳 テクノロジーに必要な標準化(2024.5.1) ※DLT がネイティブ レベルで相互運用するには、基盤となるプロトコルとデータ形式に関する業界全体の標準化が重要、との記事

IOTA

▶ 世界的投資プラットフォーム「AIM Congress」がIOTAとの公式戦略的パートナーを発表(2024.4.30) 

※「AIM CONGRESS」とは、国連組織など世界的機関が参加する年次イベント

その他ISO20022関連

▶ Stronghold ( $SHX ) が 20022Labs を買収(2024.5.7) ※20022 Labsとは、ISO20022推進のパイオニアであり、この統合により金融サービスとISO20022の融合に革命を、とのこと

▶ Volante Technologies 、ISO20022メッセージング機能に対するFedwire ® Funds Service 認証の取得を発表(2024.5.7) ※米国上位10銀行のうち 7 行にサービスを提供する同社が、14週間でISO20022準拠の達成を支援へ動き出しています

▶ 農林中金が ISO20022 期限内の移行を予告(2024.5.1)

▶ りそな銀行の海外送金サービスが 2025年7月に ISO20022 に対応へ(2024.5.10) ※今年2024年後半にNTTデータが提供するAnserDATAPORT®を利用とのこと

▶ GLEIF が世界的金融機関・BNPパリバをグローバルLEIシステムの検証代理人として認定(2024.5.7) ※ISO20022 決済メッセージで LEI を使用するという強力な国際的な支持を受けて、広範な導入のサポートが行われるとのこと

以上です。

今後の動向にも注視していこうと思います。よろしければお付き合いください!(前回のバックナンバーはこちらです✨)

【週刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 4.14-4.27

こんにちは、マスオです。 毎週末は「ISO20022関連の仮想通貨銘柄」の情報をお届けしたいと思います。ISO20022に準拠した仮想通貨と言っても、そういったものは実は存在し…

損益計算ソフト『クリプタクト』(無料リンク)

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HOV5R+EDZ52Q+4DGW+5YZ77

XDC国内初上場取引所「SBIVCトレード」

※口座開設に招待コード【x13se】使うと1000円が振り込まれます。よければお使いください

<暗号通貨の安全管理:YouTubeで解説中>

正規品:ハードウェアウォレット『D'CENT wallet』 ※10%程度の割引リンクをお預かりしています。ご活用ください!

❶1つの購入

❷2つの購入(送料がまとめられます)

★第1弾動画『ハードウェアウォレットの購入方法、安全な初期設定について』

★第2弾動画『ハードウェアウォレットの有事の操作について』

★第3弾動画『新トークン・NFT・ウォレット内通貨の交換などについて』

★第4弾動画『初心者でもできる!ISO20022関連銘柄の入出金方法・完全マニュアル』

初心者にやさしい仮想通貨取引所のご紹介

手数料が最も良心的な国内取引所。ビットバンクの口座開設

仮想通貨取引ならビットバンク(bitbank) | 取引量国内No.1

ビットバンク(bitbank)は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の仮想通貨を売買できる仮想通貨取引所です。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビット…

Follow me!

【隔週発刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 4.28-5.11” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です