【週刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 5.14-20

こんにちは、マスオです。

毎週末は「ISO20022関連の仮想通貨銘柄」の情報をお届けしたいと思います。ISO20022に準拠した仮想通貨と言っても、そういったものは実は存在しません。しかし、この送金メッセージ規格に準拠させていく可能性のある仮想通貨銘柄に絞って、この1週間の動向をチェックしていく。このようなコンセプトで進めていきたいと思っています。

(ISO20022とは何かについては、以下の動画をご覧ください)

取り上げる記事については、公式の運営元が発信するユーティリティ(実用性)・提携発表・サービスの拡大に関連するものを中心に、リソースと共に紹介していきます。ご興味がある方にとって有用な情報源になれれば幸いです。それでははじめていきます。

XRP(Ripple)

▶SECのヒンマン氏「ETHは証券」講演資料の非公開申し立て、裁判所が再度却下しRippleが優位になるか

リップル裁判 SECのヒンマン講演資料の非公開申し立て、裁判所が再度却下

仮想通貨XRPについて、米国リップル社と米国証券取引委員会が法廷で対立している中、リップル社の一部の主張が認められたことが明らかになった。ヒンマン前企業金融ディレ…

▶ リップルが暗号資産カストディ市場に参入、スイスデジタル資産関連企業「Metaco」を約344億円で買収

リップルが暗号資産カストディ市場に参入、スイス「Metaco」を約344億円で買収 | あたらしい経済

リップルがメタコ買収 米フィンテック企業のリップル(Ripple)社が、スイスのデジタル資産関連企業メタコ(METACO)の買収に合意したことを5月17日発表した。 発表による…

▶ Ripple社「CBDC・ステーブルコイン開発用のプラットフォーム」を発表

Ripple社「CBDC・ステーブルコイン開発用のプラットフォーム」を発表 | 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

Ripple(リップル)は2023年5月18日に、中央銀行デジタル通貨(CBDC)やステーブルコインの発行・管理・取引などを行うことができるプラットフォー

※ご参考ください!

XLM(Stellar Lumens)

▶ Stellar Aid AssistがDigital Currency Conference 2023で「デジタル通貨のベストイノベーション」部門で受賞

ステラネットワーク、パブリックブロックチェーン上で米国初の投資信託を立ち上げる

XDC(XDC Network)

▶ XDC上に構築される規制準拠取引所Globiance と Stabiliti は、支払いへのカーボン オフセットを自動化するためのパートナーシップを構築へ

Globiance and Stabiliti Forge Partnership to Automate Carbon Offsetting into Payments.

Globiance and Stabiliti Forge Partnership to Automate Carbon Offsetting into Payments.

ALGO(Algorand)

▶ Polygon、Solana、Algorand が提携して、ワームホール活用の 5,000 万ドルクロスチェーンファンドを設立

https://decrypt.co/140568/leading-crypto-teams-and-investors-launch-50m-cross-chain-fund-powered-by-wormhole

HBAR(Hedera Hashgraph)

▶ スイス拠点182年の歴史あるファミリー企業COFRAがヘデラ管理評議会に参加

▶英国イノベーター企業Yamgo が HBAR Foundation からの支援を発表し、Hedera の採用を加速(今後メタバースをリリースしこれまでの取引ブランドや代理店を新ビジネスに呼び込む。

NXRA(AllianceBlock)

▶ AllianceBlockの資金調達プラットフォーム『Fundrs』でのGalileoプロトコルの参加KYCプロセスが有効に(Galileoの今後のセールに備えることができます。)

▶ AllianceBlock が Arbitrum エコシステムと提携し、『Fundrs』で NexeraID に準拠した資金提供を実現可能に

AllianceBlock is expanding its integration of the Arbitrum network, bringing Fundrs and NexeraID to the up-and-coming layer 2 ecosystem.

▶ 新リストプロジェクト「krest」が『Fundrs』での参加要件をアップ、エアドロップも発表

▶ 「暗号通貨の採用促進におけるコンプライアンスと自己主権アイデンティティの役割」(NexeraIDの紹介記事)

Navigating the Future of Finance: The Role of Compliance and Self-Sovereign Identities in Spurring Crypto Adoption

As the digital economy continues to evolve, crypto and blockchain-centric technologies stand to completely revamp the global financial paradigm, bringing with …

LCX

▶ LCX取引所でクレジット・デビットカードが導入され、Mastercard と Visa を使用してユーロを入金可能に

QNT(Quant Network)

▶ 銀行 の イングランド と クオント 共有 CBDC ヴィジョン(公式最新記事)

※少し解説入れました。ご参考までに

Quant Network とは: QNT 暗号通貨の初心者ガイド(コインテレグラフの特集記事)

IOTA

(今週はピックアップ記事なし)

以上です。

いかがだったでしょうか。来週の動向にも注視していこうと思います。よろしければお付き合いください!(先週分のバックナンバーはこちらです✨)

【週刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 5.7-13

こんにちは、マスオです。 毎週末は「ISO20022関連の仮想通貨銘柄」の情報をお届けしたいと思います。ISO20022に準拠した仮想通貨と言っても、そういったものは実は存在し…

<暗号通貨の安全管理:YouTubeで解説中>

正規品:ハードウェアウォレット『D'CENT wallet』 ※10%程度の割引リンクをお預かりしています。ご活用ください!

なお、こちらは5月21日までさらに特別20%のキャンペーンを実施中。詳細は以下参照ください。

❶1つの購入

❷2つの購入(送料がまとめられます)

★第1弾動画『ハードウェアウォレットの購入方法、安全な初期設定について』

★第2弾動画『ハードウェアウォレットの有事の操作について』

★第3弾動画『新トークン・NFT・ウォレット内通貨の交換などについて』

初心者にやさしい仮想通貨取引所のご紹介

手数料が最も良心的な国内取引所。ビットバンクの口座開設

仮想通貨取引ならビットバンク(bitbank) | 取引量国内No.1

ビットバンク(bitbank)は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の仮想通貨を売買できる仮想通貨取引所です。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビット…

Follow me!

【週刊】『ISO20022×クリプト』記事まとめ 5.14-20” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です