XinFin創業者Ritesh氏インタビュー 2023.2.24(前編)

こんにちは、マスオです。

今回はXinFin創業者のRiteshさんがお話しする、という貴重な機会ということで、上記のYouTubeの内容を翻訳してダイジェストさせてもらいました。

複数の翻訳ツールを使って、おおよその内容を文字起こししましたが、ニュアンスなどを100%正確に反映したものではないことをご容赦ください。

今回だけではまとめきれず、前半後半に分けてご紹介したいと思います。

水色で示した部分がホスト役のジョシュさんの言葉、黒字が全てRiteshさんの言葉になります。それでは、最後までお付き合いください!

(以下、こちらの動画の文字起こしです)

番組にお招きいただきありがとうございます。そして、私は既存のネットワークについて共有することに本当に、本当に興奮しています。コミュニティやあなたのチームメンバーからの質問は、遠慮なく私に聞いてください。

Ⓠ❶ では、まずリスナーの皆さんにXDCネットワークの概要と、あなた方がこの業界で何を達成しようとしているのかを教えてください。

Ⓐ❶
私たちは6年前にこの取り組みを開始し、スマートコントラクトがブロックチェーン技術によって未来に向かうと見ていました。

既存のネットワークを見ると、3つのポイントを意識しています。

①1秒あたりのトランザクション数で、これまで1秒あたり2000件以上のトランザクションを達成しています。

ブロックチェーンは、多くの人が集まって何かを印刷しようとするもので、これがブロックチェーン・ネットワークの美しさです。

②スマートコントラクトです。私たちのネットワークはここ数年非常に安定しています。

③基本的なスケーラビリティ、エネルギー効率、ガス代がほぼゼロに近い状態です。

Ⓠ❷ ネットワーク上にあるノードの数、それらがアクティブであるかどうか、または将来的にアクティブになる可能性があるかどうかを教えてください。

Ⓐ❷
今はそうですね。創業者である私たちが初期にセットアップしたのは3~4ノードでした。現在350以上のノード、バリデータとバックアップノードがあり、かなりの数になっています。

当初は非常に少ない人数でスタートしましたが、徐々にノードを増やし、前回のアップデートではバリデータを108個まで増やしました。さらに多くの数を作成する予定であり、500、800、1000のいずれかをテストしていて、マスターノード側からのスケールも確保したいと思っています。

つまり、ネットワーク上のバリデーターを増やす可能性を求めているのですね?

そうです。より多くのバリデーターの可能性が必要です。バリデータが多ければ多いほど、コミュニティメンバーが多ければ多いほど、持続性が期待できるものです。

ですから、私たちはブロックチェーンネットワークの基本に立ち返り、バリデータの数と参加者が増えることで、ネットワーク自体に安全性を与えることができると考えています。

なぜ他の主要なブロックチェーンネットワークは、ネットワーク上のバリデータやノードの数を十分に少なくしているのですか?

ブロックチェーン技術にはプロトコルの面で大きな問題があって、私たちはその面では非常に優れており、数年の研究の末にこれらのノード数を達成しました。

取引が速く、スケーラビリティを実現できるネットワークは非常に良いソリューションです。しかし、そのネットワークは非中央集権的になる。でも、もっと分散化できる可能性があるんです。

たとえ1秒か2秒余分にかかったとしても、ネットワーク全体をより多くの人が検証することでネットワークはより分散化されます。その方がコミュニティにとっても有益な気がします。

数カ月前に聞いた大きなことで、イーサリアムのバリデータは比較的集中化されており問題視されていました。

ええ、私も全く同感です。その方がコミュニティからすべての解決策を得ることができます。私たちには大きなマーケティング予算はありませんが、私たちは人々と一緒に業界のユースケースを開発することに焦点を当てています。

Ⓠ❸スマートチェーン、ポリゴン、アバランチなど、他のイーサリアム仮想マシン(EVM)ネットワークにおけるXDCの最大の違いは何だと感じますか?

Ⓐ❸
私はブロックチェーンにはあるアジェンダを推進したい、という側面があります。

私たちは分散化の基本に固執しています。そして、より多くの人に参加してもらいたいと考え、この基本を超えるようなことはしたくありません。

分散化、カーボンニュートラル、低エネルギー消費といったことは、私たちの最初のホワイトペーパーにも書かれていました。

現在、多くのブロックチェーンネットワークは、カーボンニュートラルや低エネルギー消費といったコンセンサスを求めていますが、私たちは初日からそれを掲げていました。

Ⓠ❹ さて、他のネットワークとは異なり、XDCネットワークは、国際貿易と金融を誘致するというニッチな焦点を持っていますね。XDCネットワークとのビジネスにおいて、特にその分野に焦点を当てようと思った理由は何だったのでしょうか?

Ⓐ❹
ブロックチェーンネットワークの主要なユースケースを見ると、サプライチェーンの貿易金融は最大のユースケースの一つです。

例えば、私が読んだアジア開発銀行のレポートによると、貿易金融に関してはアジアだけで1兆5000億ドルの資金不足があり、これは日に日に増加しています。好景気が終わった後にかなり増えて、今では問題があることが分かります。

同様に二国間の貿易赤字の問題を引き起こします。雇用に問題が生じ、国の成長にも問題が生じます。また、その他の問題にもつながります。

ブロックチェーンには、買い手と売り手の間に信頼あるネットワークを構築できる要素があります。ブロックチェーンは仲介者を介さず、中立的な当事者として機能することができるのです。

この貿易金融ギャップは日々拡大していますが、ブロックチェーンはこのギャップを埋めることができるのです。

そして、ブロックチェーン産業は貿易金融のようなケースに有効性を持っているのです。国際的な貿易取引には「縛られた資金」が一定額あって、その隙間を埋めることができるのです。

他にも資産のトークン化、請求書(インボイス)や支払いアプリのようなもの、コモディティのようなものもありますが、私たちはこれらを同じレベルで「トークナイゼーション」を行っていきます。

特に中小企業にとっては、資金調達が最大の問題です。なぜなら、中小企業は適切な信用履歴を持っておらず、さまざまな国と取引する場合にその外国為替市場のボラティリティにもに大きく左右されるからです。

私たちが中立的なプラットフォームを提供することを知ってもらいたいと考えています。

Ⓠ❺ さて、国際貿易におけるXDCネットワークの立ち位置、ユースケースにはどんなものがありますか?

Ⓐ❺
私たちは地に足の着けて業界と一体化しています。トークン化とは先ほど申し上げたように、請求書、インボイス、支払い義務などのことです。

そして、貿易金融の分野でブロックチェーンについて話している場合、そのほとんどが私たちと話し、私たちの上に構築しているのと思ってもらえればと思います。

Ⓠ❻ 資産のトークン化についてですが、XDCネットワークに「金(ゴールド)」を持ち込むという方法、Comtech Goldについて聞いたことがありますが、その経緯についてお話いただけますか?

Ⓐ❻
現実世界の商品をトークン化するというのは、完全なゴールと呼ばれるユースケースであり、とてもエキサイティングなものです。

例えば5㎏の金を持って旅行することはできません。また安全上の問題からも、家に置き続けることはできません。セキュリティーの面でも多くの問題があります。

そこで、信頼できるカストディアンに金塊を預けていると想像してみてください。政府管轄で金地金が保管業者に預けられていて、ウォレットの中にトークンを入れています。すると、個人ユーザーはリスクを取り除くことができます。

この物語のような財布はすでに現実の世界にあるものであり、政府の規制下でトークン化することで私たちは金を持ち歩くことができます。

しかも、例えば5㎏の金塊を持ってエスクロー(第三者機関)に預けておけば利息がつきます。

Ⓠ❼なるほど、それはとてもクールに聞こえます。将来的には他の種類のコモディティも扱うようになるのでしょうか?

Ⓐ❼
はい、今のところ、金は標準的なものとなり、シルバー(銀)を扱い、市場の需要に応じて増やします。基本的なテクノロジーはいつでも利用可能です。

もし、コーヒーをトークン化したいという顧客がいれば、インフラや技術的な側面から対応することも可能です。

Ⓠ❽昨年ですが、キネシスとパートナーシップを結んだと聞きましたが、それについてはいかがですか?

Ⓐ❽
はい、これも似たようなユースケースであり、法定通貨を入金してゴールド・トークンを補充することができます。

また、いくつかの国ではカードを使って入金することができます。

実は、リリース時に私はゴールドとシルバーを入手するテストをしたのですが、一定の量に達すると物理的なゴールド・シルバーの受取を要求することができました。世界中のどこにいても届けることができました。それもクールなコンセプトでした。

ええ、Comtech Goldもキネシスも非常に似ているモデルであることは知っていますが、異なる地域で展開しています。

世界のどこにいてもあなたのところに届けることができるのは、考えてみればクレイジーなことです。

(前半部分は以上)

後半は、ISO20022や、話題のDAOFin、金融機関との強いつながりなどの話が登場します。ぜひ後半もお付き合いください!(下記リンク)

XinFin創業者Ritesh氏インタビュー 2023.2.24(後編)

こんにちは、マスオです。 今回はこちらの記事の後編になります。 残り10個の質問と応答を掲載します。最後に近づくほど聞き応えがありました。どうぞ最後までお付き合…

<暗号通貨の税金計算:YouTubeで解説中>

✅損益計算ツールクリプタクト(無料リンク)

仮想通貨の損益計算・確定申告ツールならクリプタクト

クリプタクト(Cryptact)は確定申告に必要な、仮想通貨の損益を自動で計算します。対応取引所数・対応コイン種類も国内最多。初心者でも安心、無料でかんたんに使えます…

<暗号通貨の安全管理:YouTubeで解説中>

正規品:ハードウェアウォレット『D'CENT wallet』 ※10%程度の割引リンクをお預かりしています。ご活用ください!

❶1つの購入

❷2つの購入(送料がまとめられます)

★第1弾動画『ハードウェアウォレットの購入方法、安全な初期設定について』

★第2弾動画『ハードウェアウォレットの有事の操作について』

★第3弾動画『新トークン・NFT・ウォレット内通貨の交換などについて』

初心者にやさしい仮想通貨取引所のご紹介

手数料が最も良心的な国内取引所。ビットバンクの口座開設

Follow me!

XinFin創業者Ritesh氏インタビュー 2023.2.24(前編)” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です