【週刊】仮想通貨Web3ニュース9.3

こんにちは、マスオです。

毎週末は私セレクトで今週分の仮想通貨やWeb3関連の重大ニュースをまとめて記事にしていこうと思います。今回は全部で10個の記事を紹介させていただきます!

それではさっそくはじめましょう✨(▶︎以降は私の感想・所感となります)

 シンガポール金融管理局(MAS)、仮想通貨の個人投資家に対する規制強化方針を示す(コインポスト 2022.8.29)

シンガポール金融管理局(MAS)、仮想通貨の個人投資家に対する規制強化方針を示す

シンガポール金融管理局(MAS)長官は29日、暗号資産(仮想通貨)規制の強化方針を示した。レバレッジ(証拠金取引)・信用枠の利用制限も含まれる。

【記事概要】今まで先進的な規制整備で業界をリードしてきたシンガポール規制当局MASが、今年6月に引き続き、さらに厳格な金融系ライセンス制度の整備、個人投資家の取引制限措置強化の方針を示したという記事。

これに対して、一部ではイノベーション推進と顧客保護の狭間で矛盾が生じている、シンガポールの目指す”世界のハブ役”は務まるのか、などの声が出ており動揺が見られる。

 FRB、即時決済サービス「FedNow」を2023年半ばに開始予定(コインポスト2022.8.30)

米FRB、即時決済サービス「FedNow」を2023年半ばに開始予定

米FRBは、即時決済システムFedNowを2023年半ばにサービス開始する予定だと発表した。

【記事概要】FedNowは、連邦準備銀行が開発する即時決済サービスで、企業や個人は銀行などを通して24時間365日決済が可能で、取引時間も数秒に短縮されるというもの。これが2023年5〜7月頃展開予定という記事。

ドルの国際的な役割を維持するために導入されるとの見方もある。

▶︎界隈ではここに分散型台帳技術が関わり、Ripplenetが使われると推測されています。

 NPO法人のDAO化、ドットジェイピーとガイアックス協業(あたらしい経済 2022.8.31)

NPO法人のDAO化、ドットジェイピーとガイアックス協業 | あたらしい経済

NPO法人のDAO化、ドットジェイピーとガイアックス協業 ガイアックスおよび若者と政治をつなげる活動を行うNPO法人ドットジェイピーがブロックチェーン技術を活用し、非営…

【記事概要】今回のDAO化は従来の「社員だけによる運営」から「ユーザーや社外の協力者も巻き込む運営」に変えるということ。NPOや非営利組織は常々リソース不足が言われていますが、これで社会課題の改善・解決のスピードを向上させることをねらいとしている。

▶︎DAO(自律分散型組織)モデルを目指すと言うのは、ただ”分散型”で運営するだけでなく、スマートコントラクト技術を取り入れた”自律的”な仕組みまでを言うそうです。難しいと言われるDAO化の試みが、日本で成功する事例が見たいです。

 FBIDeFi投資家とプロトコルへ注意喚起(あたらしい経済 2022.8.31)

米FBI、DeFi投資家とプロトコルへ注意喚起 | あたらしい経済

米FBI、DeFi投資家とプロトコルへ注意喚起 米国連邦捜査局(FBI)が、スマートコントラクトの脆弱性をついた犯罪が増加していることを受け、DeFi(分散型金融)の投資家と…

【記事概要】DeFiの脆弱性を突いたサイバー攻撃が2022年1月から3月にかけて1,600億円に上っている。その被害の97%がDeFiプラットフォームという調査結果を今回FBIが投資家に警告。とともに、DeFi運営には独立監査人によるコード監査の実施を呼びかけた。

▶︎先週はクロスチェーン、NFTが焦点に当たり、今週はDeFi。それを犯罪捜査機関FBIが動き、事の大きさを伝えています。

 米法務長官、マイクロストラテジーのセイラー氏を脱税容疑で告訴(コインポスト 2022.9.1)

米法務長官、マイクロストラテジーのセイラー氏を脱税容疑で告訴

米ワシントンD.C.の法務長官が、マイクロストラテジーのマイケル・セイラー氏と同社を脱税の疑いで告訴。仮想通貨ビットコイン投資でも知られるセイラー氏らの容疑が明ら…

【記事概要】米国ワシントンD.C.の検事当局がセイラー氏を約34億円の脱税容疑で告訴した記事。

今回発覚した理由は、密告者が報酬を得られるという新しい法律ができたから、とのこと。

▶︎今回の件でビットコインの世間的イメージが悪化することとこの密告者制度。暗号通貨業界の逆風はまだ吹きそうです。

 謎のウォレット、アクシー・インフィニティのSLPトークンの50%以上を保有

(コインテレグラフ 2022.8.31)

謎のウォレット、アクシ―・インフィニティのSLPトークンの50%以上を保有 | Cointelegraph | コインテレグラフ ジャパン

1年近く前から、アクシ―・インフィニティの謎のウォレットは、業界で最も人気のあるP2E(Play to Earn)仮想通貨ゲームの1つであるゲーム内仮想通貨のSmooth Love Potion…

【記事概要】現在世界一の規模を誇る仮想通貨ゲームのSLPトークンが、匿名のクジラウォレットに220億SLP強保有されているという記事。これは総流通量の50%以上に相当するため、ゲームのエコシステムに大打撃を与える可能性がある。

▶︎既にこのニュースでプレーヤーのエンゲージメントが下がり、ブロックチェーンゲームとしての信頼性が揺らいでいます。今後ゲーム構造・運営上の問題を疑われていく流れもありそうです。

 サンリオと株式会社GaudiyWeb3領域で協業プロジェクトが始動(コインポスト2022.8.31)

サンリオと株式会社Gaudiy、Web3領域で協業プロジェクトが始動

Gaudiyは、ハローキティーなどを展開するサンリオとWeb3領域の協業プロジェクトを開始したと発表。ブロックチェーンと同社キャラクターを活用したサービスの提供を目指す。

【記事概要】今回の提携で、Gaudiy社で自社のブロックチェーン技術とサンリオの保有するキャラクター資産を連携。2023年前半を目途にキャラクターコミュニティサービスのグローバル提供を目指している。

▶︎世界でも有数のトップIPを抱えるサンリオのWeb3領域参画が、ファンビジネスに強みがある企業との提携。提携先の株式会社Gaudiyも、大手日本IP保有企業と繋がっていて興味深い企業です。(下記リンク参照)

Gaudiy(ガウディ)、シリーズBで25億円を調達。採用・組織拡大に注力。|株式会社Gaudiyのプレスリリース

株式会社Gaudiyのプレスリリース(2022年6月1日 09時00分)Gaudiy(ガウディ)、シリーズBで25億円を調達。採用・組織拡大に注力。

 リップル社などが参加、米デジタルドル・プロジェクトがCBDCサンドボックスをローンチ(コインポスト 2022.9.2)

リップル社などが参加、米デジタルドル・プロジェクトがCBDCサンドボックスをローンチ

米非営利団体「デジタルドル・プロジェクト」は、CBDCの基盤となる技術及びビジネス要件の理解を深めるため、サンドボックス・プログラムを開始すると発表した。

【記事概要】米CBDCの基盤となる技術で、かつビジネス利用の実証実験が10月初旬から開始予定、との記事。企業が参加してクロスボーダー(国境を跨ぐ)決済に焦点を当てるとのこと。

▶︎ このプロジェクトは表向きはFRBとは連携していないが、結成直後からFRBにプロジェクトの進捗状況を逐次報告しているとのこと。(下記記事参照)

デジタル・ドル計画、米国初のCBDCテスト始動へ

米デジタル・ドル・プロジェクトは3日、CBDCの利用法を検証するために、今後1年間で最低でも5つの試行プログラムを開始すると発表。民間主体でテストを行うことで政府の開…

▶︎なお、今回の❷でも取り上げたFRBのFedNowで関与が噂されるRipple社でしたが、ここで関与しています。

 内閣官房、NFTを活用 自治体のデジタル化競う「夏のDigi田甲子園」(コインポスト 2022.9.2)

内閣官房、NFTを活用 自治体のデジタル化競う「夏のDigi田甲子園」

内閣官房は2日、主催した全国の自治体がデジタル技術を活用した地方活性化の取り組みを競う「令和4年度夏のDigi田甲子園」の表彰式で、副賞にデジタル証明となるNFT技術を…

【記事概要】内閣官房としてNFTを活用した初の事例。今回はイーサリアムブロックチェーンを活用した、デジタル田園都市国家構想の一環として記念や証明NFTを発行。政府・自民党が関与した2つ目の事例とのことです。なお、ここにはIndieSquare社、ビットフライヤー等企業も多数参与。

 FIFAがアルゴランドと提携して新しいNFTプラットフォームを立ち上げる(Bitcoinist 2022.9.3)

FIFA To Launch New NFT Platform In Partnership With Algorand | Bitcoinist.com

FIFA, the global governing body of soccer, is launching a new NFT collectibles platform with the highly anticipated World Cup just around the corner. The new

【記事概要】サッカーFIFAがワールドカップを間近に控えて新しいNFTプラットフォーム「FIFA+コレクト」を立ち上げるという記事。NFTのイメージは既存のNBA Top Shotのような名場面画像にアート要素を取り入れたもの。9月後半にローンチ予定とのこと。

▶︎スポーツエンタメ領域のNFTプラットフォームは多くなるにつれチェーン間の壁が話題になりそうです。NFTの保管場所、転売の利便性を視野に。

以上です。いかがだったでしょうか。今週はスポーツ・エンタメ系の既存ブランドがNFTビジネスに参入。一方で、訴訟、告訴、犯罪捜査などきな臭い話題も多くありました。ぜひ来週のニュースもお楽しみに!

初心者にやさしい仮想通貨購入方法のご案内

手数料が最も良心的な国内取引所。ビットバンクの口座開設

仮想通貨取引ならビットバンク(bitbank) | 取引量国内No.1

ビットバンク(bitbank)は、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の仮想通貨を売買できる仮想通貨取引所です。国内No.1の取引量と高度なセキュリティを持つビット…

海外取引所でも使いやすい。ビットゥルーの口座開設

‎Bitrue - Buy BTC XRP & Crypto on the App Store

‎Join millions of users around the world at Bitrue - the leading crypto exchange for hundreds of mainstream currencies and altcoins! You can trade & store…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。