4月25日OpenのNFTマーケット 『XDCNFT』事前情報まとめ❸

こんにちは、マスオです。

4月25日OpenのNFTマーケット 『XDCNFT』事前情報まとめ❷

こんにちは、マスオです。 今回は前回の開店直前「XDCNFT」マーケットプレイスのまとめ情報第2弾です。 前回はこのXDCNFTマーケットの親会社BlocksWorkzが主軸にする?か…

前回、前々回に引き続き、開店直前の「XDCNFT」マーケットプレイスのまとめ情報第3弾です。

イギリス時間は日本の9時間遅れですので、オープンは深夜になる可能性もあります。(Twitterやテレグラム、ホームページhttps://www.xdcnft.com/を参考に)

さて、前回はXDCNFTに出品予定の4つの大型プロジェクトを紹介しました。今回は他にも登場予定になっているNFTを紹介していきます。

その前に!昨日の追加情報。昨日4つ目に紹介したXDCSolutionの発行する『RocketManNFT』について、販売延期のお知らせがありました。

テレグラムの情報ですが、「一層の法令適応のために」という理由でした。今回のタイミングではリリースされないので、詳細は以下のテレグラム( https://t.me/+j8To4hBjLC4wNjAx )でご確認ください。

では本編にいきます。5つ目に紹介するコレクションは

「SuperBullsNFT」(スーパーブルズNFT)

こちらはXDCNFTの元祖。昨年末にこのマーケットのオープンに先駆けて発行されたXDC上初のNFTで、1000体限定で販売されたものです。

すでに2月下旬には売り切れになっていて、その後このNFT保有者にはエアドロップが付与されました。ですが、SuperBullsNFTにはまだまだ先のビジョンがある、というのがこちらのロードマップで確認できます。

https://superbullsnft.com/roadmap.html

色々と書いてありますが、このロードマップではカルダノブロックチェーンでの販売に言及。

また、SuperBullsNFTは今主流のOpenSeaというマーケットプレイスにも10体だけ発行しています。これは将来的にイーサリアム作品を迎え入れるための仕掛け。

以上のことからも、このSuperBullsNFTはクロスチェーン展開されるようです。また過去にこんなツイートもありました。

メタバースといえば『オキュラス』、のBlocksWorkzエディション?

匂わすのが好きな親会社BlocksWorkz。彼らにはメタバースプロジェクトがありますが、このSuperBullsNFTがカギを握っているようです。

今後マーケットプレイスが開くと2次流通が始まりますが、こちらを入手するとまた面白い展開が待ってそうです。

なお、このSuperBullsで話題になったのがXDCのアドバイザーAndre Casterman氏が、最後1000体目のBullのデザインに関わったこと。

今後も目が離せませんが、最後はこんな挑発的なツイートで締めくくりたいと思います。

今後の情報収集には下記サイト、特にテレグラムがおすすめです。最新情報が流れています。

公式SuperBullsNFTテレグラム⇒ https://t.me/superbullsnft

公式SuperBullsNFTウェブサイト ⇒ https://superbullsnft.com

次の作品紹介に行く前にこちら。

またもチラ見せ画面。すでにNFT作品が準備されているのがわかりますが、どんなものが並んでいるか。4月23日にとったアンケートによると

けっこうアート作品が多いようですね。

今XDCNFTがリツイートした作品、Twitterスペースを開催した作品などを列挙していきます。

❻「Club X Baes」

女性の画家の方で、XRPLの方ですでに作品を展開している方のようです。何やらコミュニティも立ち上がっていて、会員制の何かがはじまっています。

❼「Nicole mcleod artist88」

XDSeaやOpenSeaやほかのマーケットにも展開するアートコレクションです。個人で安価にやっているように見えます。

❽「NMZN」(作品名の詳細は現時点で未公開)

エンタメ寄りなダークヒーローコレクション?海外ではこういうのが好み?

アート作品?カード作品?こちらも事前に知れ渡っている作品の1つ。

❾「NFTHC」

マリファナをテーマにしたカードコレクション。XDSeaにも参戦しているようで、宣伝しているXDCインフルエンサーもいます。フォロワー数多いですね。

今回取り上げる作品は以上です。他にも音楽・ミュージック関連NFTについては

BlocksWorkzが「誘ってほしいミュージシャンはいますか?」とアンケートをとっています。こういうのを見ると、今後有名人・芸能人などもここに参入しそう。

なお余談ですが、直近で気になったのがこちら。

4月6日、英国の経済財務省が国家事業としてNFTを発行する、というツイートに対してBlocksWorkzが「気軽にミントしてね」と引用リツイート。もしや・・・とは思ったのですが

https://www.antiquecoin.jp/history/british_royal_family.html

イギリスと言えば、こういうジャンルにもNFTが参入するかもしれません。(勘ぐり過ぎかな)

いずれにしてもBlocksWorkzがラブコールを送っているということです。

以上、長くなりましたが、今回まで3回に渡って『XDCNFT』のデビュー前情報をまとめてみました。NFTの購入はもちろん慎重に判断材料を揃えて購入することをおススメします。(以下はBlocksWorkzのホームページ)

マーケットプレイス『XDCNFT』のサイトはこちら。

なお、購入するのに必要なもの。仮想通貨XDC(あるいはBLKZ)仮想通貨ウォレット。ウォレットに関しては無料のウェブウォレット『XDCPay』がありますので、いきなりハードウェアウォレットが必要?と焦ることはありません。あとで移動させることができます。

なお、XDCPayの開設方法はこちらの過去の記事をご参考ください。引き続き、Twitterで情報もお伝えしていきますので、ぜひ覗いてみてください!

『XDCPay』を用意しよう!  クレカのXDC購入方法も解説!

こんにちは。 今回は『XDCPay』について解説します。XDCPayとは何?と聞かれたら、  ETH専用ウェブウォレット⇒『メタマスク』  XDC専用ウェブウォレット⇒『XDCPay』 と…

<NFTの保管に心強いハードウォレット【D'CENTウォレット】>

※正規直営店の10%OFFリンクをご活用ください!

❶1つの購入

❷2つの購入(送料がまとめられます)

★先日、D’centウォレット購入時や設定時のQ&Aを私がまとめた記事があります。こちらも参考にしてください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。