4月25日OpenのNFTマーケット 『XDCNFT』事前情報まとめ❷

こんにちは、マスオです。

今回は前回の開店直前「XDCNFT」マーケットプレイスのまとめ情報第2弾です。

前回はこのXDCNFTマーケットの親会社BlocksWorkzが主軸にする?かもしれないスポーツ分野についてお伝えしました。

4月25日OpenのNFTマーケット 『XDCNFT』事前情報まとめ❶

こんにちは、マスオです。 以前、下のXDCNFTについての記事をあげていましたが、とうとう来週の月曜日、4月25日にXDCのNFTマーケットプレイス『XDCNFT』がオープンしま…

今回は開店前にすでに参戦が明らかにいるNFTメンバーについて、XDCNFTの過去のツイートやテレグラムで得た情報を中心にまとめていきたいと思います。

NFTというとつい「絵」「デザイン」と発想しがちですが、今回はそうではない、ということを感じられそうな4つのプロジェクトを紹介します。

まだ情報が少ないものが多いですが、そのNFTの将来性を見つける入口として見てもらえればと思います。

❶「Prime Numbers」プライムナンバーズ

(右下にチラッと次世代取引所Globianceともつながっているようですね。)

これはDAO(自立分散型組織)が運営しているプロジェクトのようで、何か組織としての目的があって、そこにNFTを活用するようです。

どんな目指しているのか。以前私が調べてツイートしたものがありました。

このような社会実現を設計しているようです。また、このDAOはトークン$PRNTを発行、しかもすでに上場しています。

ガバナンストークンとしての機能だけでなく、ステーキングやゲームやNFT売買に使われる。そんなユーティリティ(使い道)もあるようです。

そしてこのプライムナンバーズはXDCNFTにNFTを出品するようですが、それ以外にも自前のマーケットも用意とのこと👀

このマーケットは1%の手数料、と格安で、かつこの収益は $PRNTステーキングの報酬に充てられるとのこと。(NFTを収益にする気がない?)

マーケットプレイスは5月末に利用可能になるとのこと。

興味がわいた方はウェブサイトを直接見ると良いかもです。

なお、このプライムナンバーズはTwitterのスペース機能を使って積極的に情報発信もしています。

NFT選びはやはり生の声が一番の判断材料になりますので、英語がわかる方はぜひこちらでTwitterスペースを聞いてみるといいかもです。(Twitterスペースは1ヶ月程度は録音で残っています)

さて、次は同じようにTwitterスペースを積極的に開催しているNFTプロジェクト。

❷「d0p3 Ape」

Ape(類人猿)がモデルのジェネラティブNFTのようです。8種類のマルチチェーン展開を目指すようです。

【d0p3クラブ】公式ページありました。

ロードマップを見ると、

2022年第2四半期

・XDCNFTローンチ

・XRPLローンチ

・OpenSeaローンチ

・新しいパートナーシップの発表

2022年第2四半期

・エアドロップ

・新しいマーケットプレイスの立ち上げ

・新しいDØP3NFT

・メタバースミートアップ

こんなビジョンが掲げられていました。少しエンタメ寄りなプロジェクトですが、このXDCNFTの立ち上げ前にとても精力的な動きを見せています。

❸「CoinCowArt」(コインカウアート)

さて、お馴染みの方も多いCoinCowちゃんのアートNFT。XDCにコミットしている方はTwitterアイコンに”XDCサングラス”🕶をもらった方もいたことと思います。

このCoinCowArtコレクションも3月21日にXDCNFTに「宇宙で最も幸せな場所にいるキレイでかわいい牛 」と紹介されていました。

このCoinCowArtにも独自サイトがあります。

CoinCowArtは基本英語で発信していますが、日本のアンバサダーコミュニティもあり、とても身近に感じられるプロジェクトです。

上のようなカウちゃんのウェブサイトが今後新たな展開を用意しているようですので、ぜひのぞいてみてください。

すでにOpenSeaでもXDSeaでも出品されていますし、このキャラクターがどんな風に展開していくか楽しみです。

❹「XDCS RocketMan」

さて、今回最後に登場するのが、こちら。

ロケットマンというように、NFTの絵は宇宙服。ですがこの絵は入口です。どんなことを展開するプロジェクトなのか。

今年の1、2月、とかなり早くから動いている様子のあったプロジェクトで、私も過去に調べてツイートしていました。

どうやらこれはNFTを使ってノードを小口化させてステーキング報酬を得る。そんなメリットを付与するNFTのようです。

通常はXDCのノード資格者になるに相当な準備資金が必要で、なかなか一般の方は参戦できません。

が、それを組合のように資金を拠出して、皆でノードのステーキング収入を得られるようにする。

それが話題になってすでにテレグラムにもかなりの人が集まりワイワイやっています。

ちなみにこのテレグラムコミュニティは英語メインで、日本語訳にしづらく日本人に優しくないですが、ご興味があれば翻訳機能を使って情報収集してみてください!

以上、今回はXDCNFTに出品されるNFTの中でもかなり規模感の大きくなりそうな4つを紹介しました。

次回はさらにこのXDCNFTのポテンシャルが感じられる内容を用意していますので、お楽しみにしてください!

※なおXDCNFTはウェブウォレットのXDCpayは間違いなく対応しますが、ハードウェアウォレットではD’centがオープンまもなく対応すると思います。

【D'CENTウォレット】

※正規直営店の10%OFFリンクをご活用ください!

❶1つの購入

❷2つの購入(送料がまとめられます)

★先日、D’centウォレット購入時や設定時のQ&Aを私がまとめた記事があります。こちらも参考にしてください!

Follow me!

4月25日OpenのNFTマーケット 『XDCNFT』事前情報まとめ❷” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。