スマホマイニング『hi dollars』
報酬をもらい続ける方法

こんにちは。今日はスマホマイニングについての話題です。以前からいくつかスマホを使うことで仮想通貨を稼ぐ方法をお伝えしてきました。

❶Pi ネットワーク https://minepi.com/kanehachi
 招待コード(お使いになる場合)⇨ kanehachi
❷star ネットワーク https://download.starnetwork.io/
 招待コード(お使いになる場合)⇨ okyana
❸hi dollars ダウンロード:https://hi.com/kanehachi
 招待コード(お使いになる場合)⇨ kanehachi

❹みんなの銀行(コード利用で1500円給付)
 https://app.adjust.com/1z17imp コード:FDITyLyF
❺ビッコレ(BTC給付)
 https://bikkore.jp?introduction=92f328e06ab78e39
❻cheat moon(スマホマイニング) https://www.cheatmoon.com/
 招待コード(お使いになる場合)⇨ kanehachiya
❼Bondex Origin 紹介コード08UXJ

 https://bondexapp.page.link/9apNt7Cr9JtTBaAy5

または

紹介コードは08UXJ

この中で、今回は❸の『hi dollar』に関して状況の変化があったので、そのことについて。そしてその対策をお伝えしていきます。

3月1日に『hi』のマイニングを続けるには“ある条件”が必要になりました。これによって、今までやってきたこのマイニングを続けるか否か、考えた方もいたのではないかと思います。

『hi』は開発チームや後援企業については悪くないプロジェクトと聞きますし、今まで貯めたhiも諦めるのは……という心境に多くの人がなったかと思います。

私はどうしたのかというと続けようと思いました。というのもこちらのチャートを見てください。

1年間の『hi』のチャートですが、一時は『1hi=160円』近くを推移していた時期がありました。今は21円(3月15日時点)。

ピークから約1/8にまで落ちています。このような暴落で「ああ終わったな」と思うのも1つの考え。そして「チャンスかも」と思うのも1つの考え。私は後者の考え方でした。しかも価格が下がろうがタダ同然で集めた枚数が減ったわけでもないので続けようと考えました。

そして、マイニングを継続するための条件が大したことではない、と思ったのも理由の1つです。その条件というのが「hiのアプリ内ウォレットに少量のお金を預けること」。ただこれだけやれば今まで稼いだhiが無駄にならない。それで将来価格が上がれば、今回やったことが報われます。もしさらに下がっても預けたお金を撤収させればほぼ無害、というわけです。

そこで今回のブログでは、hiのアプリ内ウォレットにお金を入れる最良の手順をお伝えしていきます。ではさっそくアプリ画面と下のスライドで解説していきます。

まず左上の緑の部分で残高を確認します。この時点では46.51USD分のhiを私はマイニングで稼いでいたということです。

先ほどマイニングができなくなった、とお伝えしましたが①を押しても②の「何かがうまく行きませんでした」と表示されてしまいます。

そこでいくらか預けるわけですが、②の傍の緑の矢印にある「25USDを預ける」と画面にはあります。これは私が実践した時のレートで100hi分の価格を表しています。レートについては一番左の画面の緑部分で確認できます。『1hi』の単価に✖100をしたら『25USD』ということでした。アプリで何USD分の入金が必要か、各自で確認してください。

25USDか。大した金額ではないので入れてみようか、ということでこれから実践していきます。

③を押して「デポジット」を選択。

④でADA(カルダノ)を選びます。

⑤は「BSC」ではなく「Cardano」を選択

⑥ADAの受取用アドレスをコピー。

なぜADA(カルダノ)なの?というと、ここで入金できる通貨の中で最も手数料が安かったからです。(他の通貨はとんでもない額の手数料になるものがありますが)コピーできたら、私がよく使う「Bitrue」からADAを送金します。

ADAはどのくらい買えばいいのか。現時点で2100円分が必要とのことで、それ割るADAの単価は約93円。2100÷93円=22.58。ここにBitrueの送金手数料1ADAを加えて、最低24ADAあればいい、という計算になります。(事前に取引所で確認してください)

⑦ネットワークは「Cardano」を選択

⑧hiアプリの受取アドレスを貼り付け

⑨数量を入力(私は45ADA入金しました)

⑩送金手数料=1ADA(確認)

⑪「出金」

⑫「確認」

すると緑の〇で着金した分、残高が増えているのを確認。

⑬で日頃のマイニングが復活しているのを確認。

これで毎日の「マイニング」が続けられるようになりました。めでたしめでたし、と言いたいところですが、ここで私はもう1つ作業をしてみました。何かというと、「100hi分の入金」だけでなく、「100hiを購入」しようと考えました。

目的は何か。hiを引き出しできるようにするためです。すると、マイニング報酬分の引き出しも可能になります。いざ急騰した時に売却ということも可能になるので、これをついでにやっておきたいと思います。

ただし、ただ100hiを購入するのではなく、私は購入した100hiを1年間ステーキング(預金)するコースにしました。(下記ツイート参照。❶ではなく❷ということ。❸の4年は長いかな、と)

これで、1年後には確実に100hiが引き出せるわけです。(正確には段階的に、後ほど解説します)しかも、その方が購入単価も安くなります。

では、これからその100hiステーキングする方法を解説していきます。

⑭ のボタンを押す

⑮ 100hiのプラン(ベーシック)で内容を確認

⑯「アップグレード」を押す

⑰「hi dollarの購入」を押す

⑱「後で」を押す

⑲「BNB」になっているので

⑳「ADA」に変更する

※上の緑の枠を見ると、通常のロック解除よりも1年間の方が安くなっているのが分かりますね。

㉑ hiの数量「100」と入力する

㉒「1年間のデイリーリリース」を選ぶ

㉓「100HIを購入する」を押す

㉔「支払い●●ADA」を押す

㉕ 購入確認のポップアップが出たら購入完了

㉖(特典コミュニティの参加)は「後で」

㉗で自分が「100hi」に位置しているのを確認

㉘「100hi」が金庫アカウントに入っているのを確認

㉙、㉚、㉛と日が経つにつれて、「金庫アカウント」からその左の緑色の「フレキシブルアカウント」に移動しているのが分かります。この「フレキシブルアカウント」というのが、引き出し可能なhiの数量を表します。

これで「1年経ったら100hiを引き出せるようになる」という意味が分かったと思います。これで1年後にどうなっているか、後は市場にお任せ。私はこれまで通り1年間マイニングを続けるだけとなりました。

以上、今回は前半では「hiのマイニングを続ける方法」、後半では「hiの引き出しができるようになる方法」について解説しました。これについては、特に宝くじです。各自の判断で行ってください!

Follow me!

スマホマイニング『hi dollars』
報酬をもらい続ける方法
” に対して4件のコメントがあります。

  1. まる より:

    いつも分かりやすい解説ありがとうございます。
    早速マスオさんの真似をして、本日bitrueから44ADA入金したのですが、Hiのマイニングが復活できませんでした( ;∀;)
    私の場合、「毎日の報酬を受け取り続けるためには、7日ごとに少なくとも1人のお友達を紹介してください」という文言が書かれていて、それ以上先に進めません。紹介できるような人もいない場合、どうしたらいいでしょうか?
    よろしくお願いいたします(>_<)

    1. masuoblog より:

      そうなんですよね。hi dollarはその点でも条件が増えていますよね。これは今はTwitterが最適かと思います。アカウントを作って、まだ知らない方にアプリのメリットとリンクを紹介コードをツイートしていくと、いつか反応してくださる方もいると思います。いずれにしても今回入金したことで、hiの引き出し条件は整いましたので、そこを待ちながら1年後に価格が上がっていれば狙い通り、とするのはいかがでしょうか。

      1. まる より:

        返信を頂いていたのに、お礼が大変遅くなりすみません(>_<)
        ツイッター初心者なのでハードル高く感じてしまいますが、マスオさんのおっしゃるように長い目でみて見てみます。ありがとうございました(*^^*)

  2. まる より:

    返信を頂いていたのに、お礼が大変遅くなりすみません(>_<)
    ツイッター初心者なのでハードル高く感じてしまいますが、マスオさんのおっしゃるように長い目でみて見てみます。ありがとうございました(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。