今メタバースに参入する理由❷

(こちらは前回の記事の続きになります)

今メタバースに参入する理由❶

さて、昨日は日本の内閣府が掲げるムーンショット計画と今の日本の政治発「貧困化」を“おりゃ!”と力技で結びつけてみました(笑)そして私日本の人がこの流れに押し流さ…

❸ 自分のメディアを持てる

これは先ほど❷でお話しした芸能人やアーティストなどがメタバースに参入する、という話の延長になりますが、何もそこで輝けるのは有名な人たちだけではありません。私たちもそこにかなりフラットな関係で仲間入りができると見ています。

今ではSNS、ブログ、メルマガ、YouTubeなどたくさんのメディアで個人も情報発信ができるようになっています。メタバースというのは、これらすべてを統合していくイメージになります。

メタバースにもし自分の居場所があるのであれば、そこが自分の情報発信基地となり、そこに自分の店や創作スペースを展開できます。たとえば、自分が作った映像を流し、訪れた人に見てもらう。たとえば、NFTを作ったものを陳列・販売する。たとえば、自分の書いてきたブログ記事がギャラリー、ライブラリーのように閲覧できる。たとえば、オンラインサロンを開き、そこで学びながら交流ができる・・・メタバースはある意味、最高峰のメディアになり得るものです。

そして、この情報発信こそが今私たちがコモディティ化しないための有効な方法で、他の誰とも置き換われない自分を示せる場所です。それはメタバースという空間を上手く使えば、可能になることでもあります。

やがては学校のような教えたり教わったりする場としても活用され、会社の大部分の会議や研修としても活用されますので、たいていの人間の営みはここでカバーできてしまいます。やがてはお金稼ぎもこの空間で完結する人も出てくるかもしれません。(これはゲームで稼ぐ的なことも含めて)

そして、最終的には情報発信はその人が“亡くなった”場合にも半永続的に行える。『メタバ墓場』とでも言えばいいのでしょうか。毎年お盆やお正月に親族が集まり、その人の生前の映像を流しながら、過去を偲ぶことにする。

このようにメタバースというのは、自分のメディアを持てる場所という認識も持っておいていいように思います。

❹ リスクヘッジになる

最後は資産防衛的な側面です。私たちの今の生活で、現金100%という資産の持ち方はもはや危険だ、と考える人が増えてきたように思いますが、その時に他の資産との比率をどう考えるのか、適切なバランスを模索すると思います。一般的には

    総資産の【100ー年齢】%

が変動リスクのある資産の上限、なんて言われていて、たとえば40歳なら「100-40」で全体の60%までは株式や実物、仮想通貨などの不安定な資産を抱えてもいい、という目安があります。若い人ほどリスクが取れるような考え方でしょうか。

そしてその場合次の段階では、その変動リスクの高い資産の中での配分を考えますが、そこでは全く違うリスクのもので分散する考え方ができます。たとえば株式と金・ゴールドは相関しにくいので、両方に賭けると安心みたいな感じです。

そして、この考え方は仮想通貨内でも活かせます。普段、ビットコインやイーサリアム、DeFi成長銘柄……などと比率を意識する人もいますよね。だとすれば、仮想通貨のポートフォリオに【メタバース枠】を一定割合入れる、ということが戦略的に考えられます。この中にメタバース関連銘柄や、メタバースで使えるNFT資産をどのくらい持つか。数年後にはこういう考えをする人が出てくるように思います。

というのも、いずれ今スマホを通してインターネットを利用する時間は、いずれメタバースで過ごす時間に置き換わるからです。今人が一日スマホを眺める時間が2〜3時間ある人もいれば5〜6時間という人もいます。この可処分時間の割合に合わせて、世の中の人の価値観が大きく変わっていきます。

価値観が変わればやがて世の中の資産価値も移り変わっていきます。世の中の富は有限なので、増えるより、移動していく、と考えた方がいいです。メタバースを「チャンスだ」と考える人が増えていけばいくほど、削られていくのは今の現実世界の資産価値です。つまり

 時間の使い方価値観資産価値

変化の影響はこう波及するということです。すると、今私たちが持っている安全資産と思っていたリアルな土地や不動産や株式、現金までもが相対的な価値を下げていく可能性は十分にあるように思います。ここにリスクヘッジするというのがここでの結論です。

もちろん急にこのような変化が起きるとは私も考えてはいませんので、2022年初めの今なら、まだ失っても許せる金額を私は入れていくくらいに考えています。詐欺、投機、スキャムとも隣り合わせの黎明期。慎重な姿勢が必要ですが、身銭を切れば学ぶきっかけになると思うので、これでアンテナを張ってみることをおススメします。

以上、今回は記事を2回に分けて、今私がメタバースに興味を持つべき理由をお伝えいたしました。コモディティ人間に陥らないために、あえて今から積極的に目を向けてみてはいかがでしょうか。

最後にこちら。

これはXDCコミュニティの素材をパクったものです。将来はこんな未来が描けたらいいですね!これからブログでもメタバースは紹介していければと思っています。今回はこれで以上です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。